INTERVIEW

広告・メディア事業部 / 事業部長

加藤 文也

Fumiiya KATO

PROFILE

証券会社→広告会社を経てショーケースへ入社。サービスの販売をするだけの営業ではなく、ソリューション提案しながらお客様と関係を築いていく営業スタイルを大切にしている。

Q1.現在の仕事内容を教えてください

チーム力を高め、業務を最適化していくことに注力

現在は、広告・メディア事業部の部長として、2つのチームのマネジメントしています。
私はチームを円滑に運用させていく立場として、ある意味「やらない仕事」を決めるような役割を担っています。
たとえば、広告運用のレポート報告では大量のデータを扱うのですが、
お客様が本当に必要としているデータはどれなのか?
課題解決に当たり本当に重要なデータはなんなのか?
そういった本質をとらえながら、チーム力を高め、業務を最適化していくことに注力をしています。

Q2.ショーケース入社の経緯/理由は?

事業譲渡をきっかけにショーケースと出会い

ショーケースは私にとって3社目の会社です。
大学を卒業した後、最初は中規模の証券会社に入社しました。
営業職に就き、体育会系の現場で鍛え上げられた後、ベンチャーの広告会社に転職。
そして、そのベンチャー企業の事業譲渡をきっかけにショーケースと出会い、入社することになりました。
ちょうど、転職を考えていた時期とも重なり、ショーケースへは真っさらな気持ちでジョインしたことを覚えています。
実際に入社して、常に新しい領域へチャレンジできる環境がある会社だなと感じています。
また、部長を任命されたことで、現場の仕事に加えてマネジメント業務も行うことになり、仕事の幅が広がりました。

Q3.仕事の面白さ、やりがいは?

「人の力」で売っていくことができる

広告営業というのは、時代によって扱う媒体が変化することはあっても、「物じゃないものを売る」という意味では、時代や流行が変わっても同じ仕事です。
大手広告代理店であれば、知名度である程度は数字をあげられるかもしれませんが、ショーケースはSaaSがメイン事業なので、広告事業分野で新規参入していくことは簡単ではありませんでした。
数ある広告代理店のなかから、ショーケースを選んでいただくために大切なのことは、「人」だと思っています。
担当者がどれだけ真剣に、責任感を持って、お客様と信頼関係を築いていけるか。
もちろん、簡単なことではないですが、「人の力」で売っていくことができるところが広告営業の面白みであり、やりがいを感じられる部分だと思います。

Q4.ショーケースの良さ/好きなところ

やりたいことができる環境で充実感をもって働ける

たまたま事業譲渡という形で入社しましたが、入社して3年が経つ今もショーケースにいるのは、やりたいことができる環境で充実感をもって働けるからです。
売上を増やすことはもちろん重要ですが、ショーケースでは闇雲に利益だけを追うのではなく、お客様の課題と向き合い、解決した上で、さらに新しいソリューションを提案するという一歩先のお客様との関わり方をどこまでも追求していくことができます。
関係を長く続けていけるお客様が多いことはとても嬉しく、今後もさらに多くのお客様との関係を広げていきたいと思っています。

第二創業期に向けて
今後の目標

第二創業期である現在、これまでのショーケースの基盤となってきたSaaS事業のシェアをキープしつつも、第2の事業の柱を作らなければならないフェーズにあります。また、会社の成長とともに、個人としても成長してほしいと願っています。

・広告・メディア事業を「ショーケースの第2の柱にする」
・メンバーを将来どこに行っても活躍できる人材に成長させる

OTHER MEMBERS

  • 岡村 公平

    Kohei OKAMURA

    エンジニア / Webエンジニア

  • 安立 健太郎

    Kentaro ADACHI

    営業本部 / 事業本部長

  • 飯嶋 渉

    Wataru IIJIMA

    クリエイティブ・スタジオ / エンジニア