INTERVIEW

エンジニア / Webエンジニア

岡村 公平

Kohei OKAMURA

PROFILE

前職はシステムエンジニア。Webを使って物やサービスの売れる仕組みを作るWebマーケティング分野に魅力を感じ、顧客に直接サービスを提供しているショーケースに入社。
エンジニアながら、顧客やユーザへの価値の提供を最優先に考え、サービス開発に取り組む。

Q1.仕事の流儀

真の意味で顧客に貢献できる
サービスを創る

以前の仕事でWebマーケティング・システムに携わり、顔が見えない相手に対して、その人のほしい情報を見せてあげることで、顧客の売り上げに貢献できる、効果が数字で見えるということがとても面白く感じました。 ただ、その時は広告関連のシステムだったので、集客数は見えても最終的にどれだけ売り上げに貢献できているのかはわからず、もっと真の意味でどれだけお客さんの役に立っているのかを見たいと思っていました。

ショーケースのサービスは、成約率にフォーカスしていて、サービスのコンセプトとしても自分の理想に近いと感じています。

Q2.成長環境

立場を超えた議論から生まれる
新しい視点

ショーケースではプロダクトマネージャをエンジニア以外が担当する場合も多くあります。異なる立場の人とのディスカッションは面白いです。より良いものを提案できれば、年次や立場に関係なく自分の案も通りますし、営業やマーケティングという異なる視点からの気づきも得られます。

僕は入社してすぐにショーケースでは誰も経験していない新しいサービスの担当になり、全くのゼロから任せてもらえている実感があります。プロダクトマネージャがよいと言えば、すぐに着手できるのでスピード感を持って開発できる環境です。

既存のサービスのシリーズではなかなかそうもいかないと思いますが、これから会社としてもサービスの基盤を世界のスタンダードに合わせていこうという動きになってきているので、それを組み立てていくのはエンジニアとしてやりがいがあると思っています。

Q3.今後の目標

世界で勝負できる
サービスを創る

僕は今、データ・マーケティングのサービス開発に携わっています。僕自身が最もやりたい分野でもありますし、世の中でも注目度の高い分野です。

その中でもショーケースは他にない魅力があるという自信があります。だからこそ開発の立場で最善のものを作って、自分が携わったサービスで国内を制覇したいと思っています。

もちろん、国内の次は世界です。
世界で戦えるクオリティのサービスを作るために最善を尽くしたいと考えています。

Q4.自分の理念

自分の好きを見極めることが
成長の糧になる

自らの技術を高めたい、誰かの役に立ちたい、モノづくりが好きなど、そのどれを極めていくかによって同じエンジニアでも進む方向が異なります。

MEMBER
MESSAGE

これからエンジニアを目指すという人には、何故エンジニアをやりたいのか、何が自分のモチベーションになるのかをよく知っていてほしいと思います。

岡村 公平

OTHER MEMBERS

  • 安立 健太郎

    Kentaro ADACHI

    営業本部 / 事業本部長

  • 飯嶋 渉

    Wataru IIJIMA

    クリエイティブ・スタジオ / エンジニア

  • 加藤 文也

    Fumiiya KATO

    広告・メディア事業部 / 事業部長